煙突・本体設置工事


だんだん暖かい日が多くなってきました。


東京は16日に桜の開花が予想されていますね。



我が家の桜も、蕾がほのかにピンク色になっていました。


植えてから4年目。

まだまだ私の背丈を少し超えたくらいの小さな桜の木ですが、

昨年より1.5倍ほど大きく成長したので、開花が楽しみです。






そして、まだまだ寒かった2月。

煙突・本体設置工事に同行してきました。



今回は既存住宅です。

建築時に薪ストーブを入れられるようにと、ステージや煙突囲いを設置済みのお宅でしたので、あとは薪ストーブと煙突だけ!といった状態でした。



まずは養成作業から。




2階貫通施工でしたので2階も養成し、

1階天井 → 2階床 → 2階天井

を開口していきます!






2階部分は断熱材が入った二重煙突を使用しています。

火を焚いている時は煙突自体も暖かくなるので、

煙突が貫通しているお部屋は薪ストーブがあるお部屋ほどではありませんが、暖かくなります。



2階もしっかり暖めたい!という場合には、2階部分にシングル煙突を使用することもあります。

その場合、二重煙突と比べ シングル煙突はかなり熱くなりますので、壁と煙突の離隔距離をしっかり確保する必要があります。






煙突を下まで繋げたら、いよいよ本体搬入です。