タールの付着に注意!


こんにちは。


朝晩グッと冷え込むようになり、薪ストーブを焚き始めた方も多いのではないでしょうか?



TVでも今年の冬は長いのではないか、と予想されているのを耳にします。


そのため、乾燥薪も早いうちになくなる可能性がありますので、

薪のご用意はお早めに…!!!




そして、この週末は連日の雨で気温が下がり、

薪ストーブを焚き始めた方から

「煙が逆流してきてしまった!」

というお問合せが沢山ありました。



実は気圧が大きく関係しており、

台風の接近により気圧が下がり、煙が逆流してきてしまう事があるんです。


まずは慌てず換気をしましょう。



なるべく早く炉内の温度を上げ、上昇気流をおこしてあげる事が大事ですので、

火が消えかかり煙が多く出てきてしまったら、着火剤を追加投入してもかまいませんので、火が早く育つお手伝いをしてあげるようにしましょう。





そして、もう一つ煙の逆流の原因になるのが煙突詰まりです。



先日、「煙が逆流してきてしまうので見に来てほしい。」

とお問合せがあり、駆けつけたお宅では、

煙突を軽く叩くと「ゴソゴソ・・・」と。


早速、煙突掃除に取り掛かってみると…




……!!!




本体の口元にべったりタールがこびり付いていました。




煙突もブラシが通らず、外してみると、、




煙突内部も大量のタールで、本体と繋がる部分が塞がってしまっていました。



これでは煙が逆流してしまいますね。


煙が逆流するだけでなく、煙突に付着した大量のタールは煙突火災の原因にもなります。




お話をお聞きしていると、

「今年は梅雨が長くて、薪が全然乾燥しなくて…」

とおっしゃっていました。



おそらく湿気った薪を使い続けていたことにより、タールが大量に付着してしまったものと思われます。